熊本の死亡者は70代男性 熊本市東区の温浴施設に滞在

 熊本市は10日、新型コロナウイルスに感染して入院中だった70代無職男性が死亡したと発表した。死因は肺炎という。熊本県内で感染による死者は初めて。九州では2人目。

 男性は3月21日に発症し、同25日に感染が判明。発症前は2週間以上にわたって同市東区の温浴施設に滞在していた。入院当初は軽症だったが、その後重症化して同29日から人工呼吸器を装着していた。高血圧の薬の処方を受けていたという。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

昆虫標本作り教室 -2021-

  • 2021年8月1日(日)
  • アイランドシティ中央公園  体験学習施設ぐりんぐりん内ワークショップルーム

PR