飛沫防ぐボードやカーテン ホームセンターとタクシー、客も「安心」

西日本新聞

 新型コロナウイルスによる飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、福岡市内のホームセンターとタクシー会社も対策に力を入れている。

 ホームセンターのグッデイ(同市博多区)は、レジの買い物客と店員との間に透明のアクリルボード(縦60センチ、横幅90センチ)を設置。九州・山口の全65店舗に設ける予定という。店員のマスク着用も義務化し、営業時間中はドアを開放し、買い物客を一定間隔で並ぶように誘導している。

 タクシー車内に塩化ビニール製のカーテンを設置しているのは、「五十川タクシー」(同市南区)。20日ごろまでに全41台に取り付ける予定。カーテンは縦80センチ、横110センチ。運転席と後部座席を仕切り、カーテンの中央部には小窓を設けて、精算できるようにしている。利用した乗客からは「安心する」「閉塞(へいそく)感を抱かない」といった声が寄せられているという。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ