熊本地震で寸断の国道、10月復旧 阿蘇大橋は来年3月開通に

西日本新聞 森井 徹

 国土交通省は10日、2016年4月の熊本地震により寸断された国道57号について、代わりの道路として整備していた「北側復旧ルート」と、不通だった部分がともに10月から通行できる見通しになったと発表した。架け替え工事が進む新しい阿蘇大橋は来年3月、不通になっているJR豊肥線の肥後大津(熊本県大津町)-阿蘇(同県阿蘇市)は今年8月にそれぞれ利用できる見通しになったことも明らかにした。

 北側復旧ルートは、大津町と阿蘇市をつなぐ延長約13キロ。約4キロのトンネル区間を含む。熊本市方面と、阿蘇地域や大分方面を結ぶ道路の復旧で、住民や観光客の不便が大きく解消する。

 熊本地震の本震により、熊本県南阿蘇村で山の斜面が幅200メートル、長さ700メートルにわたり崩壊。そばを通る国道57号とJR豊肥線が寸断され、近くの阿蘇大橋が崩落した。国交省は国道57号の復旧には時間がかかるとして、代替ルートを整備してきた。

 震災後、阿蘇地域と熊本市方面の往来には外輪山を越える県道のミルクロードが使われてきたが、利用者が増えたことによる渋滞や山道における事故が多かった。10日の閣議後会見で赤羽一嘉国交相は「発災直後はこれを復旧復興できるのかと思うほどの激しい被害だった。日々の生活や観光面に寄与でき、うれしく思う」と述べた。

 阿蘇地域では、不通区間が残る第三セクターの南阿蘇鉄道が23年夏の全線再開を目指している。(森井徹)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ