奮闘の医療従事者に感謝の拍手を 福岡市が金曜正午に呼び掛け

西日本新聞 ふくおか都市圏版 黒石 規之

 福岡市は10日、毎週金曜の正午に医療現場で奮闘する関係者に感謝の拍手を送る「フライデー・オベーション」と銘打った取り組みを始めた。

 新型コロナウイルスの感染リスクと隣り合わせで働く医療従事者らに感謝を届けようと高島宗一郎市長が発案。欧米でも市民らがベランダに出て拍手や演奏で医療従事者に感謝を伝える行動が自然発生的に広がって注目された。

 この日は、高島市長をはじめ市職員らが市役所のベランダなどで数分間にわたって拍手。職員は「金曜の正午はFriday Ovation」などと書いたパネルを持って取り組みをPRした。

 市内のある医師は「感謝はありがたい。過酷な医療現場を理解してもらう機運の醸成につながり、マスクや防護服などの医療物資もしっかり現場に届くようになってほしい」と話した。 (黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ