屋久島観光、町の自粛呼び掛けに反発 「営業権侵害」と事業者

西日本新聞 社会面 河野 大介

 世界自然遺産の鹿児島県・屋久島で、屋久島町が新型コロナウイルス感染拡大防止のため来島自粛を呼び掛けたことに対し、島の観光に携わる事業者が反発している。「死活問題だ」として自粛要請の撤回を求め、訴訟も辞さない姿勢だ。

 東京や福岡など7都府県を対象とする政府の緊急事態宣言を受け、荒木耕治町長は9日、宣言期間中の来島自粛を要請するメッセージを町ホームページに掲載した。法的根拠はないが、発熱などの症状がある人や7都府県の人が対象。島内には入院できる病院が1カ所しかなく、医療体制が確保できなくなる事態を懸念している。

 これに対し、ホテルやバス、高速船事業などを営む岩崎グループ(鹿児島市)の4社は10日、町に要請撤回を要求。例えば高速船はすでに乗客が6割減少しており「大きな影響が予見され、営業権の侵害にあたる行為」とし、撤回などの動きがない場合は損害賠償請求も検討するという。

 町は「町民の命を守ることが一番。撤回する意思はない」としている。 (河野大介)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ