うれしの茶新茶初入札会 生育順調、過去最高額も

西日本新聞 佐賀版 河野 潤一郎

 佐賀、長崎両県で生産されている「うれしの茶」の新茶初入札会が13日、佐賀県嬉野市嬉野町の西九州茶農協連合会であった。嬉野市と長崎県東彼杵町の8農家が「サエミドリ」や「ユタカミドリ」など4品種・50点の荒茶計1174キロを出品。1キロ当たりの最高値は昨年を千円上回る5万2千円で過去最高となった。

 昨年より2日早い初入札会で、1キロの平均単価は5071円で昨年より102円下がった。連合会によると適度な雨に恵まれるなどして生育は順調で、新芽が軟らかく良い味と香りを持つ茶になったという。

 商社29社が参加。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、担当者は発熱の有無など健康チェック表に記入し、マスクを着けて会場入り。審査で使う茶わんは共用ではなく、各個人用に限定した。審査では茶葉の色や香り、熱湯を注いだ状態の風味に基づき価格を記入した。新茶入札会は5月15日まで。

 連合会の小田昭徳生産販売課長は「外出が厳しい状況なので、春の味と香りの新茶を自宅でゆっくり楽しんでほしい」と話した。 (河野潤一郎)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ