泥棒に花をめでる資格なし

西日本新聞

 ☆10年ぐらい前にもらった山吹色のヒガンバナ10株を家の敷地に植えていたら、留守中に1株だけ残して盗まれました。

 残った1株を懸命に育てたら30株になり一昨年、美しい花を咲かせました。それが昨年、再び盗まれて3株に減っていたのです。それだけではありません。他の珍しい花も根元からごっそり取られていました。

 そこで3株のヒガンバナの周りを針金で囲い、守っていたのですが…。今年その囲いが外され、その3株もなくなっていました。丹精込めて育ててきたのに、情けなくて涙が出ます。

 警察には届け出ました。いくら珍しい花が欲しくても、人の敷地に入り込んで盗むのはやめてほしい。心の卑しい泥棒に花の本当の美しさは分かりません。

(大分県日田市、女性、86)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ