275人を静かに追悼 熊本地震4年、県庁で式典 感染対策で参列者限定

西日本新聞 壇 知里

 熊本、大分両県で275人が犠牲になった熊本地震は14日、前震から4年を迎え、熊本県庁で犠牲者追悼式が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、県内各地で毎年開かれてきた追悼行事は中止や規模縮小が相次ぎ、追悼式も参列者を限定した。遺族代表の内村勝紀さん(50)=同県西原村=はウイルスの脅威にも触れ「普段の何げない暮らしに感謝し、家族で力を合わせて、今を精いっぱい生きていきたい」と誓った。

復旧が進む熊本城

 追悼式には例年約350人が集まるが、今年は県や熊本市が外出自粛を呼び掛けており、参列者は遺族20人と蒲島郁夫知事、県議会議長ら計26人。席の間隔を1・5メートル程度空け、式典後の一般献花も中止された。

 内村さんは、自宅が倒壊し父の政勝さん=当時(77)=を亡くした後、仲間に後押しされて建設業者となり、復旧工事に取り組んできた。「身一つで何もなかった自分に仲間ができ、全てがなくなったあの場所を一からつくり上げることができている」と感謝の思いを繰り返した。

 蒲島知事は「復興は着実に進んでいる。災害に負けない郷土づくりを進め、安全・安心に暮らすことができる熊本を築いていく」と述べた。

 熊本地震は2016年4月14日午後9時26分、熊本地方を震源とするマグニチュード(M)6・5の前震が発生。16日午前1時25分にはM7・3の本震があり、熊本県益城町ではいずれも震度7を記録した。(壇知里)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ