園児たちのチューリップ、心和むアートに【あなたの特命撮影班】

 「外出自粛で園児たちが、自ら植えた花を見に行くことができず残念がっています」。こんなメッセージが、西日本新聞「あなたの特命撮影班(あな特撮)」に届いた。園児が植えた花とは、福岡県直方市の春の風物詩「のおがたチューリップフェア2020」の花だ。今年24回目のイベントは、新型コロナウイルスの影響で中止に追い込まれ、心待ちにしていた園児たちのがっかりした様子が目に浮かんだ。

 14日、会場となるはずだった同市の遠賀川河川敷の公園を訪ねた。関係者有志が集まり、見頃の過ぎた花を摘み取り「和」の字のチューリップアートを作っていた。昨秋、地元企業らとともに園児たちが1カ月かけて植えた球根の花も含まれているという。

 これまでも、来場者に対し感謝の気持ちを込めてハート形のアートを作ってきたが、関係者によると「今年は例年にない不安と緊張の日々。少しでも心和やかになれば」との思いから「和」に決まった。市商工観光課の福本裕子さん(32)は「何げない平和な日常が早く戻るよう、この願いが届いてほしい」と話した。作品は16日ごろまで見物できる。 (宮下雅太郎)

  ◇    ◇ 

 あなたの特命取材班は、あなたが「見たい、撮ってきてほしい」と思う福岡・九州の風景や思い出の場所、気になる場所のリクエストに、記者や写真映像記者がこたえるあなたの特命撮影班(あな特撮)をスタートしました。

 新型コロナウイルスのために、思うように外出できない方も多いと思います。みなさんの代わりに春らんまんの風景や名所を訪ね、写真や映像でお届けできれば幸いです。

 そのほかにも「昔よく行ったあのお店、今はどうなっているのかな」「あの建物の中、どうなっているんだろう」など、福岡・九州の気になるスポットがあれば、あなたの思いと一緒に教えてください。

★お願い★メッセージは、文末に

#あな特撮

と入れてください。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR