夜の案内人も「今は危ない」 繁華街に“隠れコロナ”のうわさ 熊本

西日本新聞 熊本版 古川 努

 新型コロナウイルス感染拡大の温床と名指しされる夜の繁華街。熊本市で「接客を伴う飲食店」での感染が判明した14日夜、飲み屋街には真偽不明のうわさ話が飛び交っていた。感染の疑いがあっても病院に行かない「隠れコロナ」の存在、口止め料を渡して休業しない店-。「今は危ないよ」。“夜の案内人”はこう口をそろえて忠告する。

 スナックやクラブが集まる市中心部の繁華街も、午後9時過ぎには人影もまばら。目立つのは空車のタクシーばかり。明かりが消えそうな街で、無料案内所の看板がひときわ輝く。

 「大きな声じゃ、言えないけどね」。案内所の男性は、あるキャバクラの店名を挙げ、こう断言した。「感染者が出たのはあの店。なのに営業中ですよ。信じられないでしょう。でも確かな情報です」

 ただし、男性の「確かな情報」は、市の説明とは食い違っている。感染者が確認された「接客飲食店」は4月3日以降、コロナ対策で1日5組限定の予約制とし、県外客は入店拒否。従業員への感染が判明した12日から休業中だ。

 それでも男性の話は止まらない。「俺が聞いているだけで、感染した女の子の数は10人以上。どの店も営業を続けている。ひどいでしょ。お金を渡して休ませて終わり。そういう世界だから。危ないですよ、今は」

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ