「パチンコ越境」営業自粛の福岡から熊本へ 地元客「危険地帯だ」

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、福岡県で始まった遊興施設などの営業自粛。直後から、県境を接する熊本県北部で、パチンコ愛好家たちの間に情報が駆け巡った。「福岡の客が流れてきよるらしい」。県北のパチンコ店を訪ねてみると、駐車場には北九州や筑豊、福岡や久留米ナンバーの車がずらり。地元の男性客は「ここは福岡も同然。危険地帯だよ」。

 17日午前9時半、パチンコ店の駐車場には10時の開店を前に続々と車が入ってきた。久留米、久留米、熊本、久留米-。50台まで数えたところで、30台以上が久留米ナンバー。福岡県大牟田市から来た男性会社員(21)は「福岡は開いてないから。佐賀に行ってる知人もいる」と話した。

 新型コロナの感染に歯止めがかからない福岡県では13日、小川洋知事が「接触をさらに減らすことが必要」として、遊興施設や劇場、大型の商業施設に対して営業自粛を要請。翌14日からパチンコ店などの対象店舗は休業に入っている。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR