家族の「おうちであそぼう!」応援 JR九州がサイト開設

西日本新聞 九州経済面 布谷 真基

 JR九州は17日、新型コロナウイルス感染症が終息する日を見据え、在宅でも楽しめるコンテンツを提供する「その日まで、ともにがんばろうプロジェクト」を始めた。公式ツイッターを開設するほか、第1弾として特設サイト「おうちであそぼう!」から列車の塗り絵やペーパークラフトの台紙をダウンロードできる。

 特設サイトでは観光列車「ゆふいんの森」「指宿のたまて箱」など人気の車両に着色できる塗り絵台紙のほか、九州新幹線800系などのペーパークラフト、JR九州社員手作りのすごろくなどを無料で入手できる。子どもも大人も楽しめる内容になっている。

 公式ツイッターではハッシュタグ「#その日までともにがんばろう」でツイートされた記事などを紹介。優秀作に「或る列車」ペア招待券(12歳以上)やタカラトミーの「プラレールセット」(11歳以下)がもらえる塗り絵コンテストも企画している。 (布谷真基)

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ