電話での診療や処方、条件は? 「あくまでも医師の判断」

西日本新聞 社会面 井上 真由美

 「定期的に通院している病院で、新型コロナウイルスに感染するリスクを感じる。電話診療での薬の処方を申し出たのに断られた」。慢性疾患患者からこんな声が複数寄せられたが-。

 厚生労働省は2月末、新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、慢性疾患で定期的な受診や投薬が必要な患者について、電話やスマートフォンを使った診療と薬の処方を臨時的に認めるとした。薬をもらうための受診機会を減らすよう、長期処方も促す。

 患者は通院しなくても医師に電話などで病状を確認してもらうことで、薬の処方を受けられるようになった。薬は郵送や宅配で受け取ることも可能だ。4月に入り、初診でも情報通信機器を使ったオンライン診療を容認。一般患者だけでなく、新型コロナウイルス感染症の軽症者らも想定されている。

 ただ、いずれも医師が必要と判断した場合に限っている。電話診療を断られたという患者が通院する福岡市内の病院は「状況を確認する必要があるため、対面診療を基本としている。オンライン診療についても体制が整っていない」と説明。重症化リスクの高い人は、近所の医療機関や患者が少ない時間帯の受診を呼び掛けているという。

 福岡県医師会の寺沢正寿理事は、高血圧や脂質異常症など状態が安定している疾患は対応しやすいとして電話での診療、薬の処方をしている。一方、電話では患者の顔色や反応が分かりづらく、難しい面もあるという。「患者の健康と安全を優先し、基本的に電話診療に協力するが、最終的には医師の判断となる」

 厚労省の担当者は、感染拡大が続く間は電話診療は可能とし、「あくまでも医師の判断に基づくが、不安がある場合はかかりつけ医に相談してほしい」と話す。 (井上真由美)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ