中国の国内総生産(GDP)

西日本新聞

 中国は1978年に改革・開放路線に転換して以降、市場原理の導入と外資受け入れによって高成長を実現した。2010年にはGDP総額で日本を抜き、米国に次ぐ世界2位となった。成長率が10%を超える時代もあったが、環境汚染や所得格差の拡大など急成長のひずみも深刻化。政府は近年、スピードより質を重視する方針を掲げている。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ