支援に感謝“こめます” 益城町の米焼酎人気

西日本新聞 熊本版 壇 知里

 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町で、地元産米ヒノヒカリを使った米焼酎「こめます」が新しい特産品として期待を集めている。被災後に受けた全国からの支援に「感謝を“こめます”」との思いで、町が原料の「米」と町名の「益」から名付け、ふるさと納税返礼品にも採用した。本震4年の16日に合わせて2回目の蔵出しがあり5千本が出荷された。

 「こめます」は、熊本地震後のボランティア活動や支援物資など物心両面の支援に対し「感謝を形にして届けたい」と町が昨年6月ごろ企画し、あさぎり町の堤酒造が製造を引き受けた。昨年末に2500本が完成、堤酒造の在庫は2週間で売り切れた。

 くせが少なくすっきりした味わい。開発を主導した町産業振興課の中嶋千代美さんたち職員のおすすめは、メロンやブドウを食べながら飲む炭酸割り。焼酎のフルーティーな香りが引き立つという。ラベルの「米益」の字は「老若男女いろいろな人に手に取ってほしい」と、桜色の柔らかな字体にした。

 最初の製造は町の事業。2回目以降は堤酒造が自社製品として出荷を続ける。新型コロナウイルスの影響で飲食店に集まる機会は少なくなっているが「(自宅にいながら動画を通じて会話する)オンライン飲みにぜひ」と中嶋さん。

 アルコール度数は25度。720ミリリットル入りで、1540円(箱付きは1683円)。堤酒造や熊本空港、JR熊本駅のほか、益城町や熊本市などの酒店で販売する。町産業振興課=096(286)3277。

(壇知里)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ