宿題は何のため?教員と保護者、意義に「ずれ」 休校で揺らぐあり方

西日本新聞 くらし面 四宮 淳平 前田 英男

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの学校が臨時休校を続ける中、教員らが子どもたちの課題作りに腐心している。計算ドリルや漢字の反復練習にとどまらず、業者テストの活用や教科ごとのノートまとめも。ただ、登校日は設けられず、オンラインで子どもたちとやりとりできる学校も少ないため進め方やチェックは各自に委ねるしかない。休校の長期化により、これまで当然だった宿題のあり方も揺らいでいる。

 平日は毎日、ノートを見開き1ページ埋めること-。新学期の開始時期に合わせた8日、福岡市のある小学校が6年生に課したのはオリジナルのノート作りだった。

 内容は、教員が考えた基礎編と応用編からそれぞれ選ぶ。漢字の練習や意味調べ、理科の実験手順の振り返り、社会の県庁所在地調査、調理や裁縫と幅広い。

 「学年の教員が時間をかけて話し合い、必要なことを盛り込んだ」と同小の校長は説明する。ホームページを通じて示した課題は、自分で考えて取り組む余地を残した。「学校で学べない今こそ自学の習慣を身に付ける好機」と強調する。

 ただ、その意図は必ずしも伝わるわけではない。福岡県の40代女性は4月上旬、小6の娘が通う学校に電話を入れた。「もらった宿題が終わったので追加してくれませんか」

 学校側は「配る予定はありません。勉強はインターネットを通じてしてください」。女性は対応に苦慮し結局、書店で子どもの苦手な国語の読解力が伸ばせるようなドリルを購入した。

 ところが、子どもの学習の進み具合は一転して鈍かった。学校の宿題のような義務感がないためという。「同じドリルでも、学校の封筒に入れて渡されていれば違うのでしょうが…」。女性はため息をついた。

      ◇       ◇

 宿題を巡り教員と家庭の捉え方の「ずれ」はこれまでも指摘されてきた。「目的が不明瞭で効果も検証する必要性がある」。今年3月まで九州大大学院修士課程で学び、宿題に関する論文を書いた福岡県の宮崎麻世さん(34)は言う。

 宮崎さんが調べた先行研究によると、現代の形の宿題が始まったのは1900年代初頭。漢字や演算を教え込むため、学校が家庭での反復練習を求めたのが発端という。その後、細かな成績評価が必要な内申書の導入で浸透、あり方の議論も断続的に行われてきた。

 90年代には雑誌が特集。宿題の狙いは家庭学習の定着にあるものの、反復練習には批判的という教員、保護者双方の共通認識はあったが、不要論が多数の教員側に対し、保護者は机に向かう強制力を期待し必要とする意見が多かった。

 2016年のベネッセの調査で毎日宿題を課す小学校教員の割合は95・2%。内容は計算や漢字などの反復練習、音読が8割を超えた。その形は今も昔もさほど変わっていない。

PR

教育 アクセスランキング

PR

注目のテーマ