福田須磨子さん「しのぶ集い」 原爆詩人の詩を高校生が朗読

西日本新聞 長崎・佐世保版 徳増 瑛子

 核兵器廃絶を訴え続けた長崎原爆の被爆者で詩人の福田須磨子さん(1922~74)をしのぶ集いが命日の2日、長崎市平野町にある福田さんの詩碑の前で営まれた。

 同市出身の福田さんは23歳のとき、勤務先の長崎男子師範学校で被爆。原爆の後遺症に苦しみながらも、詩を通して戦争や原爆の非人道性を唱え続けた。

 「長崎の証言の会」などが開催する集いには約40人が参列。黙とうと献花に続き、活水高2年の田川美桜さん(16)が詩碑に刻まれた福田さんの詩「生命を愛(いとお)しむ」を朗読した。同校ではこの詩にメロディーをつけた歌がコーラス部で歌い継がれており、この日は顧問と部員2人が披露。2年の西田湖萌さん(16)は「福田さんの言葉をかみしめながら歌った。核兵器廃絶への思いに共感した」と話した。

 福田さんの被爆体験をまとめた紙芝居も紹介され、読み上げた被爆者の末永浩さん(84)は「福田さんの活躍を思うと、より平和を訴え続けようと思わされる」と話した。(徳増瑛子)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ