熊本県で41人目の感染者、タクシー運転手の60代男性

西日本新聞

 熊本市は20日、同市東区に住むタクシー運転手の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。熊本県内の感染者は41人目。

 市によると、男性は14日まで勤務。同日から発熱があり、16日に医療機関を受診。その後も発熱が続くため20日に同じ医療機関を受診し、PCR検査で陽性が判明した。現在、肺炎の症状がある。感染経路は不明という。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ