新型コロナ、熊本県で42人目の感染 60代のタクシー運転手

西日本新聞

 熊本市は21日、同市中央区に住むタクシー運転手の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。熊本県内の感染確認は42人目。

 市によると、男性は17日から悪寒があった。20日夜に「運転が不安定な車がある」と市内の勤務先に通報され、会社に戻って事情を聞かれている最中に体調が悪化。医療機関に救急搬送された。現在、発熱とせきの症状があるという。市は22日、同僚と家族の検査を行う予定。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ