新たに乗員33人の感染確認 長崎停泊のクルーズ船 クラスター発生か

西日本新聞 野村 大輔

 長崎県などは22日、長崎市の三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊しているイタリアのクルーズ客船で、新たに乗員33人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。船内での感染者は計34人となった。長崎入りした厚生労働省の専門家は「クラスター(感染者集団)が発生した」との認識を示した。

 外国籍の乗員ら計623人が乗船。乗客はいない。20日に乗員1人の感染が判明し、長崎大が濃厚接触するなどした57人を検査していた。うち23人は陰性、残る1人は判定保留。

 感染者や濃厚接触者は船内の個室など区切られたエリアに滞在し、感染拡大を防いでいるという。

 船は1月下旬に長崎に入港。当初は日本での感染拡大を受け、3月14日以降は乗り降りを停止したとしていたが、22日の記者会見で三菱重工担当者は「船会社の判断で、14日以降も乗員の下船があったことが分かった」と訂正した。(野村大輔)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ