都会で1人暮らしする子供がどうしているか、親ならば気に掛かる…

西日本新聞 オピニオン面

 都会で1人暮らしする子供がどうしているか、親ならば気に掛かる。ましてやこのご時世。新型コロナにかかっていないか、外出自粛でご飯はちゃんと食べてるか

▼♪母さんが夜なべをして手袋編んでくれた 木枯らし吹いちゃ冷たかろうと-は懐かしい情景。昨今は♪母さんが夜なべしてマスクを縫ってくれた。お店になくちゃ買えなかろうと。父さんは早起きして薬局を回ってくれた、のかも。♪故郷(ふるさと)の便りは届く 除菌薬のにおいがした

▼進学や就職でこの春、親元を離れた子なら心配もひとしおだ。大型連休も帰省は難しい。元気でいるか。街には慣れたか。友だちできたか。さだまさしさんが歌う。♪手紙が無理なら電話でもいい 「金頼む」の一言でもいい/お前の笑顔を待ちわびる おふくろに聴かせてやってくれ

▼ただ、今は通信事情が違う。スマホのメールやSNS(会員制交流サイト)で、いつ、どこでも連絡を取り合える。顔を見て話すビデオ通話も簡単にできる

▼私事で恐縮だが、東京で在宅勤務が続く独身の息子とビデオ通話で話した。寂しかないか、と聞いたら、ビデオ会議ソフトで仲間と「オンライン飲み会」をやって憂さを晴らしているよ、と

▼今どきの若者らしい工夫で、コロナ禍に向き合っているようだ。ほっとする一方、すっかり丸くなった顔に、運動不足では、食事のバランスは、飲み過ぎてないか、と別の心配の種が。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ