休業要請後も営業、パチンコ店など36軒に再要請 福岡県知事「遺憾」

 福岡県の小川洋知事は23日の記者会見で、緊急事態宣言を踏まえた休業要請後も営業を続けている県内のパチンコ店やパブなど計36軒に対し、改めて個別に休業要請の文書を通知したことを明らかにした。今週末の営業状況を踏まえ、さらに必要な対策を検討するという。

 県内では休業要請後も営業を続けていた久留米市のナイトクラブで、21~22日に従業員計11人の新型コロナウイルス集団感染が確認された。小川知事は「このような事態が発生したのは極めて遺憾。休業の協力要請をさせていただいている事業者には改めて協力を強くお願い申し上げる」と強調した。

 県によると、休業の再要請を行った36軒のうち、パチンコ店が10軒に上る。県には22日までに、要請に応じていない店舗の情報が約70件寄せられているという。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR