「歌うま」中3少女が動画で美声披露 ピアノ演奏とコラボに反響も

 新型コロナウイルスの感染拡大防止で外出自粛が求められる中、共通の趣味を通してオンラインでつながりを深める動きがある。歌が大好きで、4月上旬にテレビ朝日系で放送されたオーディション番組「音楽チャンプ 歌うま日本一決定戦」で準優勝した北九州市の中学3年生、加藤詩乃(うたの)さん(14)は、スマートフォンのビデオ動画で結ばれた愛媛県在住の女性(21)が弾くピアノ演奏に合わせて、透き通った“美声”を披露している。

 同番組で加藤さんの歌声に感動した女性が加藤さんのツイッターを通じてコラボを持ち掛けたのがきっかけ。女性とは面識がないにもかかわらず、ピアノ伴奏の動画に合わせて加藤さんは大ファンでもある尾崎豊さんの「Forget me not」を歌い上げた。息が合った2人の動画をインスタグラムに投稿したところ「すてきな歌声に元気をもらえます」などと大きな反響があった。

 現在は学校が休校中で、祖母の純子(すみこ)さん(74)が北九州市内で営むカラオケ喫茶店も休業を強いられている。友達になかなか会えない上、物心がついた時から祖母の店で歌に親しんできた加藤さんにとって、寂しい日々が続く。「人前で歌うのとはまた違う楽しさがある。場所は離れていても、曲を通して気持ちが通じ合うようでうれしい」。昨春に中間市であった「NHKのど自慢」でも優勝した加藤さんの将来の夢は歌手。スマホの画面に向かって、飛びきりの笑顔を見せた。 (西口憲一)

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR