「犬子ひょうたん」でコロナ退散 熊本の神社で祈願祭

西日本新聞 社会面

 熊本県山鹿市の大宮神社の境内社「八坂神社」で27日、「新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭」があり、無病息災を願うお守り「犬子(いんご)ひょうたん」をおはらいした。

 江戸中期、弱った子犬にひょうたんの酒を飲ませたら元気になり、疫病の流行も収まったとの故事にちなむお守り。ひょうたんを抱えた子犬の姿で、通常は6月の祇園祭で販売される。

 今年は一日も早い感染終息を願い、前倒しで製作。県内全市町村名と山鹿市の全校区名の札を付けた特別仕様の65体を県や市に寄贈する。神職は「外出自粛で参拝できなくても御利益が届きますように」。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ