「あっ危ねー」不思議な道路標示 思わず減速…福岡・吉富町

西日本新聞 北九州版 浜口 妙華

 車を運転中、思わずスピードを落としてしまう不思議な道路がある。県道中津豊前線にある福岡県吉富町の交差点から南下すると、謎は明らかになる。

 幅員約6メートルの町道。吉富小の通学路で、車の最高速度を30キロに制限している。緩やかな上り坂にカーブが続き、ついスピードが出てしまう。

 「ゆっくり!」。突然、道路に白色で書かれた表示が出現。対向車側には「あっ危ねー!」。何だこれは? 減速したまま先に進むと、丁字路近くには子どもの絵とともに「飛び出す!」の文字もあった。

 町によると、文字は2014年3月に設置。道路は町と上毛町をつなぐ、いわゆる抜け道で交通量が多い。小学校や警察から対策をしてほしいと吉富町に要望があり、注意喚起を文字で表した。

 「インパクトのあるものなら、減速してくれる」。当時の担当で未来まちづくり課の和才薫課長(55)は、「危ない」という言葉を地元の方言で表現。近くの女性(72)も「言葉が面白い」と評価は上々だ。

 ただ、設置から5年以上がたち、文字を見慣れた車は加速気味。「次はスピードを出しすぎると音楽が流れるような仕組みを作ろうかな」と和才課長は笑う。

 減速したくなる道路には、地域の安全を守る思いが込められている。 (浜口妙華)

   ◇     ◇

 前から気になるっちゃけど、詳しくは知らない-。北九州・京築地区を巡っていると、ちょっと変わった光景やモノに出くわします。カメラ片手に「気になるっ写(しゃ)」してみました。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ