話題の妖怪「アマビエ」を折ろう! 折り紙作家が考案

西日本新聞 こども面 中野 慧

 きゅうこうちゅうがみであそんでみませんか? がみさっのフチモトムネジさん=ふくおかけん=がかんがえた「パクパクアマビエ」をしょうかいします。「わるびょうはらってくれる」というつたえがあるようかいのアマビエ。しんがたコロナウイルスでびょうになるひとえるなか、だいんでいるようかいです。クチバシがパクパクうごくアマビエをって、ぶんをリフレッシュしよう!

【紙面】折り紙で遊ぼう 「アマビエ」を折る

 フチモトさんにるときにをつけることをくと、「ちょっとしたのずれでも、こうていえるほどひろがってしまう。ひとつずつていねいにりましょう」とおしえてくれました。

 とくがみはじめてのひとは、ひとつのこうていだけをいっしょうけんめいつめてろうとしないことがたいせつだそうです。「つぎつぎくらいまでのこうていながらるといいですよ」とフチモトさん。たとえば、12-2をるときは、12-3や13でどんなかたちになるかおもかべるといいそうです。

 にんぎょのような姿すがたをしていたとされるアマビエ。かんせいしたらやウロコをかいてみましょう。うらにねがごとくのもいいかもしれませんね。(なかけい

▼パクパクアマビエの折り方

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ