一体これは何?連なる8羽のフクロウ 北九州に不思議な石碑

 フクロウが縦に連なること8羽。高さは地上から約6、7メートルある。なんとも不思議な石碑を北九州市内で何度か目にしたことがある。台座には「緑ありてこの地に建つ 行き交う人びとの安全と幸福を祈る」と書いてある。一体これは何なのか。取材を進めてみた。

 「福をもたらすフクロウが8羽。縁起がいいでしょ」。石碑のあるマンションを所有する不動産会社「吉浦興産」(小倉北区)に尋ねると、吉浦久行社長はうれしそうに語った。

 同社は市内で十数件のマンションを所有。10年ほど前から、新たに建てたマンションの敷地に石碑を設け始めた。現在では小倉北区と小倉南区の計3カ所にフクロウ石碑があり、散歩中の高齢者が拝んでいることもあるという。

 創業50年以上。長崎県出身で、先代とともに会社を興した吉浦社長は「多くの人に助けられてここまでやってこられた。少しでも社会への恩返しになれば」と石碑に込めた思いを語った。 (岩佐遼介)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR