FFGは50億円赤字 景気悪化に備え引当金増

西日本新聞 総合面 具志堅 聡

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)=福岡市=は28日、新型コロナウイルスの感染拡大による今後の景気悪化に備え、貸倒引当金約510億円を積み増すなどして、2020年3月期の連結経常損益予想を従来の525億円の黒字から50億円の赤字に下方修正した。経営体力のあるうちに引当金を積んでおき、不況時にも円滑な金融仲介機能を維持する狙い。

 FFGの経常赤字は17年3月期以来、3年ぶり。

 貸倒引当金は融資先の倒産による損失に備えて計上。債務者区分などに応じ過去の倒産確率を基に算出してきたが、昨年末に金融庁が「金融検査マニュアル」を廃止、金融機関の裁量による計上が可能になった。

 FFGは20年3月期から将来の予想倒産確率で見積もる方式に変更。この変更に伴い約420億円を計上する。他に新型コロナ関連の影響を受ける観光や飲食、宿泊業を中心に約90億円の引当金を積み増す。FFGによると、景気変動に左右されにくい融資を行う狙いで、「先回りして引当金を積むことで地域経済を支えていく」としている。

 20年3月期の純利益予想も、従来の1485億円から1110億円に下方修正した。 (具志堅聡)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ