北京市が「非文明行為」禁止 口覆わずせきや「北京ビキニ」に規制

 【北京・川原田健雄】北京市は、くしゃみをする際に口を覆わないなど「文明的でない行為」を禁止することを決めた。新型コロナウイルスの流行を踏まえた措置で、関連条例を6月1日に施行する。Tシャツをまくり上げて腹部を出す「北京ビキニ」と呼ばれる行為も禁止される。

 北京市人民代表大会常務委員会は24日に「市文明行為促進条例」を可決。その中で、公共の場でせきやくしゃみをする際に口と鼻を覆わなかったり、感染症なのにマスクを着用しなかったりすることを禁じた。著しい「非文明行為」には罰則を科すとした。また、飲食店には料理を取り分けるための箸とスプーンを客に提供するよう義務付けた。

 条例は地下鉄車両内での飲食や、公共の場で上半身裸になることも禁じた。炎天下に腹部を出して暑さをしのぐ行為を念頭に置いているとみられ、中年男性に広く定着していた「北京ビキニ」は規制されることになった。

 中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」には「時代の進歩だ」「たん吐きも取り締まって」と評価する投稿が相次ぐ一方、「実施は難しい」「腕も出したらだめなのか。夏はどうしよう」という戸惑いの声も見られた。

関連記事

PR

PR