新型コロナ、福岡市で4人感染 増加鈍化でも要警戒

 福岡市は28日、新たに20~80代の男女4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。市内の感染者は計354人。福岡県内ではこの日、同市以外で新たな感染者は確認されなかった。県内の感染者総数は624人。

 市によると、クラスター(感染者集団)が発生した介護老人保健施設「楽陽園」(同市博多区)で、80代女性入所者の陽性が判明。同施設の感染者は37人目。市は、27日に死亡した80代女性が楽陽園の入所者だったことも明らかにした。同施設での死者は全て入所者で、計3人となった。

 クラスターを確認した福岡記念病院(同市早良区)でも、看護師の20代男女2人の感染が確認され、同病院での感染者は計31人となった。

 緊急事態宣言が出されてから28日で3週間。同市では宣言直後、新たな感染者が1日に25人を超える日もあったが、次第に増加ペースは鈍化。28日まで7日間連続で1桁台にとどまっている。

 佐賀県では、武雄市の60代男性の感染が判明。県内で感染が確認されたのは38人目。 (黒石規之、北島剛)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR