晴天の大型連休、熊本県内閑散 阿蘇観光客も足早に散策

西日本新聞 熊本版 佐藤 倫之 長田 健吾

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け外出自粛が呼び掛けられる中、行楽日和となった29日、阿蘇山上に近い草千里(熊本県阿蘇市)は車も人の姿もまばら。訪れた観光客もマスク姿で、寸暇を惜しむように気分転換していた。

 青空が広がる大型連休。例年なら400台収容の駐車場は満杯になるが、この日は昼すぎになっても車はぽつぽつ。野焼きを終えた草原は芽吹きの春を迎え、キスミレやハルリンドウも咲き始めていたが、足早の散策が目立った。

 久々に阿蘇を訪れたという熊本市の男性会社員(27)は「会社も休業で、自宅にこもる生活が続いている。大自然の中で深呼吸し、気分も少し晴れた」。ただ、地元では観光客の流入に神経をとがらせており、悩ましい連休が続く。

 一方、県内の自治体で最も感染者が多い熊本市は29日から、混雑しがちな公園7カ所で遊具をテープで囲み利用できないようにした。再開時期は未定。

 市公園課によると、対象は水前寺江津湖公園▽石神山公園▽坪井川緑地▽八景水谷公園▽八王寺中央公園▽平成中央公園▽刈草中央公園。今後、感染者の発生数や公園の混雑状況によっては、遊具を閉鎖する公園の追加も検討する。

 大西一史市長は「感染防止のため大事を取った。市民の皆さんにはご不便をおかけするが、ご理解いただきたい」としている。 (佐藤倫之、長田健吾)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ