医療関係者へ光でエール 門司港駅や小倉城をライトアップ

 新型コロナウイルス感染者の診察や治療に携わる医療関係者に敬意と応援の気持ちを伝えるため、北九州市はJR門司港駅(門司区)や小倉城(小倉北区)などを日没から青い光で照らし始めた。5月6日まで。

 国内外で広がる「ライト・イット・ブルー」の一環。門司港駅は28日に始まり、レトロ地区のマリンゲートもじも照らしている。小倉城は29日からスタートした。市の担当者は「ライトアップを通じ、医療関係者に市民の思いが伝わればいい」と話した。 (白波宏野、野間あり葉)

福岡県の天気予報

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR