宮若市、事業者に最大30万円 子育て世帯も支援

 宮若市は28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている事業者や子育て家庭を支えるため、市独自の支援策を発表した。

 事業者には、最大30万円の支援金を給付する。対象は、県の緊急支援金と同じように、売り上げが前年同月比で30%以上50%未満減少した事業者。県とは別に、法人は最大30万円、個人事業者には最大15万円を給付する。県の支給が決まった事業者が申請すれば、速やかに支給できるよう準備する。

 児童手当を受給している子育て世帯には、国の緊急経済対策に基づく1万円に、市が1万円を上乗せして支給する。全国民対象の「一律10万円」の給付は、オンライン申請で5月中旬、郵送申請で5月下旬の支給開始を目指す。

 市は5月1日の市議会臨時会に、関連費用30億1407万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を提案する。

 市教育委員会は28日、県教育委員会の判断に合わせ、小中学校の臨時休校を5月8日まで延長すると決めた。 (坂本公司)

福岡県の天気予報

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR