持ち帰り、宅配HPで情報提供 福岡県が「地産地消」店支援

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い利用客減に悩む飲食店を応援しようと、県は県産食材を積極的に使用する店のうち、料理のテークアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配)ができる店舗をホームページ(HP)で検索できるようにし、支援を始めた。県は「生産者の応援にもなるので、積極的に活用してもらえれば」と呼び掛けている。

 県は、県産農林水産物を積極的に取り扱う飲食店を「ふくおか地産地消応援の店」「ふくおかの地魚応援の店」として認定。これらの店が現在、テークアウトやデリバリー、ネット販売を強化しており、県はそれぞれのHPで検索できるようにしたり、特集ページを設けたりしている。

 地産地消の店は「福岡のおいしい幸せ」で検索し、テークアウト・デリバリー情報をクリック。検索項目から「テークアウト」や「食材の宅配」などをチェックすると、111店(4月28日現在)の店舗情報やメニューが表示される。

 地魚の店は「じざかなび福岡」で検索。特集ページ「お家で『ふくおかの魚』」に43店(同)を掲載。店名をクリックすると、メニューなどを見ることができる。 (豊福幸子)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR