西鉄電車、踏切開いたまま通過 赤信号見落とす

警報器も鳴らず

 29日午後2時ごろ、福岡県久留米市宮ノ陣4丁目の西鉄甘木線宮の陣-五郎丸間の踏切で、大牟田発甘木行き普通電車が遮断機が下りないまま通過した。警報機も鳴っていなかった。

 西鉄によると、男性運転士(56)が宮の陣駅の赤信号を見落として発車。自動列車停止装置(ATS)が作動し、いったん電車は止まったが、運転士は運転指令に報告することなく非常ブレーキを解除し、運行を再開した。運転士は「気が動転した」と話しているという。 (斉藤幸奈)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR