新1年生の「僕の夢 私の夢」こども記者らが投稿

西日本新聞 こども面

 西日本新聞社は、この春、小・中学校、高校に入学した人を対象に「新1年生 僕の夢 私の夢」を募集しています。「どんな人になりたいか」「学校でやりたいこと」「入学後の決意や思い」…。作文でも絵画でも自由にかいてください。締め切りは5月8日ですが、ひとあし先に投稿してくれた、こども記者とその経験者らの作品を紹介します。

【紙面】新1年生の「僕の夢 私の夢」こども記者らが投稿

 ●宇宙飛行士になりたい 古里小珀=12

 私の将来の夢は宇宙飛行士になることです。宇宙飛行士になりたいと思った一番の理由は、空が好きだからです。くもっているときは悲しみ、晴れているときはうれしさ、台風のときはいかりなど、空の表情からはさまざまなことを想像することができます。いつも身近に感じているこの空は広いです。この広い世界を目で、耳で、心で感じ、体験したいです。

 しかし、宇宙飛行士は簡単になれるわけではありません。英語能力や協調性、精神力や集中力、身長などまで問われます。一つでも欠けていれば宇宙飛行士になれません。厳しい訓練でつらくなることもあるかもしれません。それでも私は宇宙飛行士になりたいです。

 今は、生活習慣を整えたり、英語の勉強に力を入れたりして「宇宙飛行士になる」という夢に向かってがんばりたいと思います。(福岡県福津市・中学生)

 ●動物保護施設をつくる 吉井南遙=12

 私の大人になったときの夢は、「動物の保護施設をつくること」です。その夢ができた理由は二つあります。

 一つ目は、私自身が飼っている動物全てが保護した動物だからです。最初は、人間を不思議そうに見ていた動物が、だんだん慣れてくれて、心を開いてくれました。そんな成長を感じると、とても楽しくて、うれしくてわくわくします。

 二つ目は、実際に動物の保健所に行き、悲しい事実を目の当たりにしたからです。今飼っている犬を保護しに行ったときにあふれるほどの犬がいました。一匹保護しても救われない命は消えない…。現実を目の当たりにしたから、助けたいと思う気持ちは強くなりました。

 この二つの理由が、私の夢をつくってくれました。動物たちが幸せで快適に楽しく過ごせる施設をつくりたいです。(福岡県宮若市・中学生)

 ●文化財守り、人々に紹介 宮井美幸里=15

 私は、小さい頃から多くの博物館や遺跡に行っていたこともあり、歴史が大好きです。

 そこで、高校入学にあたり自分の将来を考えた時、大好きな歴史に関わる仕事ができたらどれほど幸せだろうと思い、今まで見てきた文化財を後世に残していくのに貢献できる仕事をしたいと思うようになりました。

 その中でも、文化財を守り、多くの人々に紹介できる博物館などの観光名所で働きたいです。しかし、そこで働くには、歴史に関する知識だけでなく、外国人観光客への対応も重要だと考えています。

 高校では、どの教科の勉強にも力を入れていくと同時に、歴史の本やテレビを見て知識を深め、英会話のスキルを上げていきたいです。高校生活は将来の仕事への第一歩だという気持ちを持ち、充実した日々を送られるように頑張ります。(福岡市早良区・高校生)

 ●料理人になりたい 溝江諭人=12

 ぼくは、料理を作ることが好きだから料理人になることが夢です。材料をいろんな形に切ったり炒めたりして、上手にできているかなと考えたりするのが楽しいです。でも料理は作るだけではなく、献立を考えて買い物に行って後片付けまであります。ぼくは後片付けが苦手だけどお母さんは毎日のことで大変だなぁと思います。

 昨年の夏休みに台湾に行く機会がありました。台湾は日本とは違って朝食を外で食べることが普通で、食生活の違いを感じました。日本にはない食べ物がたくさんあって、日本の料理だけではなく、世界の食べ物にも興味が出てきました。

 今は学校が休校になってたくさん時間があるから、献立から後片付けまで一人でやってみたいと思っています。そして家族に「おいしい」と言ってもらえる料理を作りたいです。
(福岡市博多区・中学生)

 ●レンジャーになってアフリカで働く 益田朗佳=15

 私には、絶対にかなえたい大きな夢があります。それは、レンジャーになってアフリカの国立公園で働くことです。

 でもレンジャーという仕事に就くことはとても難しいことです。だから口では堂々と言ってても心の中では学力だったり、英語を話せるかだったり、本当に自分はレンジャーになれるかという不安が少しあります。

 しかし、その夢に大きく近づく第一歩を踏めた出来事がありました。それは中学3年生の時にベトナムで植林活動をしたことです。ベトナムに行ったことで本当にたくさんのことを学べたし、普段なら体験できないようなこともできました。そしてなにより、レンジャーになるという気持ちを強めてくれました。

 このことを通して一歩を踏み出す勇気を持てたので、また国際活動に参加したり、留学もしたりしたいと思っているので英語の勉強も頑張ってレンジャーという夢に近づくための第二歩目を踏み出します。(福岡県須恵町・高校生)

 ●パティシエ、トリマー、幼稚園の先生 永光萌乃=12

 私の将来の夢はまだありません。なので、これから将来の夢を見つけたいです。でもやってみたいものはいくつかあります。

 一つ目は、パティシエです。そのわけは、クリームをのばしたりしておいしいケーキを作ってみたいからです。そして、食べる人に喜んでもらいたいです。

 二つ目は、犬をきれいにするトリマーです。テレビで犬の毛をカットしたり、シャンプーやリンスをしていたりするのを見て、私も犬の体をきれいにしてあげたいと思いました。

 三つ目は、幼稚園の先生です。私の幼稚園の先生がとてもやさしく接してくれたので私も子どもたちにやさしく接してあげたいです。

 他にたくさんやってみたいことがあります。これから自分にあった将来の夢を見つけたいです。(福岡県大野城市・中学生)

■作文、絵 送ってください

 「新1年生 僕の夢 私の夢」は、作文が原稿用紙1枚(400字)以内、絵画はA3用紙以下のサイズ。郵送でもインターネットからでも応募できます。

 郵送のあて先は「〒810-8721(住所不要)西日本新聞社こどもふれあい本部」。パソコンやスマートフォンなどを使う場合はインターネット上に開設した特設ページから。作文は直接入力し、絵画は作品を写真(5メガ以下)で撮影、添付して送信してください。

 郵送、インターネットとも住所や氏名(ふりがな)、学校・学年、電話番号を忘れず明記してください。

 作品の中から一部を5月下旬の紙面などで紹介します。氏名の掲載を希望しない人はお知らせください。応募者には抽選で電子辞書、各種入場券などをプレゼントします。問い合わせ先は、同本部=092(711)5521(平日10時~17時のみ)。

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ