ドラッグイレブンがツルハ子会社に JR九州、株式51%譲渡へ

競争激化で業界再編進む

 JR九州は30日、九州を中心にドラッグストアを展開する完全子会社「JR九州ドラッグイレブン」(福岡県大野城市)の株式51%を、5月28日付で業界首位のツルハホールディングス(HD、札幌市)に譲渡すると発表した。ドラッグイレブンはツルハHDの連結子会社となる。売却額は非公表。

 ドラッグストア業界は大手による再編が進み、九州でも大手と地場勢による競合が激化している。JR九州によると、株式譲渡は昨年春から検討を始め、複数社が候補に挙がったが、駅内や郊外型など多様な出店形態を尊重する姿勢で、規模の優位性を生かせるツルハHDが最適と判断した。屋号は維持するという。

 ドラッグイレブンは2007年にJR九州が買収し、九州内外に計228店舗(2月末現在)を展開。19年2月期の売上高は519億7200万円、経常利益は13億9800万円。JR九州は引き続き株式49%を保有し、持分法適用関連会社とする。

 34都道府県に2138店を出店するツルハHDは、ドラッグイレブンの買収で店舗網が40都道府県に広がる。ツルハHDの堀川政司社長は会見で、共同仕入れやコスト削減を進めて相乗効果を発揮するとともに「(買収を)九州での集中出店の足掛かりにしたい」と述べた。 (布谷真基)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR