静かに待つ「令和の里」 坂本八幡宮(福岡県太宰府市)

西日本新聞 夕刊 福間 慎一

 「令和」の時代が幕を開けたちょうど1年前が、遠い昔のことのようだ。

 福岡県太宰府市の坂本八幡宮は、新元号の典拠「梅花の歌」(万葉集)ゆかりの地。歌が詠まれた大伴旅人邸宅跡の候補地として注目され、全国からの参拝者が連日長蛇の列をなした。今は近くの住民が時折手を合わせる程度で、時間はゆったりと流れている。

 神社の隣には、旅人が「大宰の師(長官)」を務めた国指定史跡の大宰府政庁跡が広がる。ただ駐車スペースは閉鎖されて人影はまばら。少し寂しそうな御田良知宮司だが「神社にとっては、いい休息の時かもしれません」。ところどころ傷んでいた社殿はこの春、約15年ぶりに修繕された。

 再びにぎわいに包まれる日を静かに待つ古都。夕方、境内では鳥居を抜けて差し込む陽光が、神木のクスノキの新緑を柔らかく照らしていた。 

 (西日本新聞=福間慎一)

 ※現地に出かけるのは感染終息後にしましょう。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ