飲食店支援へタクシーが配達サービス 井筒屋は自社ネットに13店掲載

西日本新聞 北九州版 野間 あり葉 向井 大豪

 北九州市小倉北区の勝山タクシーは7日から飲食店の弁当や飲料などをタクシーで配達するサービス「勝山イーツ」を始める。新型コロナウイルス感染拡大で利用が低迷する飲食店とタクシーが協力し、難局を乗り切ろうとする取り組み。利用客が登録店に電話で注文し、店が勝山タクシーに届け先を伝え、利用客は運転手に料理代などを支払う。

 配達エリアは北九州市内全域。試験運用で2店舗が登録しており、5日から小倉北区、小倉南区、門司区の飲食店に登録を呼び掛ける予定。同社の広石敏文社長は「この危機を飲食店と一緒に乗り越えたい」と訴えた。飲食店の登録は同社=0570(08)5280。

 また地場百貨店の井筒屋は2日、自社のオンラインショップに同市内の飲食店の弁当や総菜を掲載し、注文に応じる「デリバリー北九州(デリキタ)」を始めた。市民の買い物をサポートし、飲食店の経営支援にもつなげる。

 焼き肉店や唐揚げ店、お好み焼き店など13店舗が参加し、最終的に100店舗程度の参加を見込む。31日までは配送料無料で、対象は北九州市民。井筒屋=093(522)3111。 (野間あり葉、向井大豪)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ