収入減ってない人の10万円

西日本新聞 オピニオン面 永田 健

 新型コロナウイルス対策として全ての国民に現金10万円が支給されることになった。この10万円が収入減に苦しむ人へ一刻も早く届き、差し迫った出費のために使われてほしいと望む。同時に、追加の支援の論議も急いでほしい。

 一方、私自身は現時点で新型コロナのせいで収入が減ってはいない。公務員、年金生活者など一定数の読者が私と同じ境遇だろう。「まだ収入が減ってない人」は10万円をどうしたらいいのか。選択肢を整理してみた。

   ◇    ◇

 【選択肢1 受け取って貯金する】

 新型コロナによる経済への打撃は深刻で幅広い。現在は大丈夫でも、ほとんどの業種で悪影響が出るのは確実だ。将来の収入減に備えて10万円を蓄える、というのも、長い目で見ればこの施策の目的に沿う。

 私の立場は定年後再雇用の1年ごと契約である。コロナによる広告減少は新聞業界を直撃しており、今後私の労働条件が変化する可能性もゼロではない。そこまで考えれば「貯金」は自己防衛の手段といえる。

 【選択肢2 受け取って「応援消費」する】

 なじみの店が夜間の休業を余儀なくされたり、行きつけの飲食店がテークアウト中心に業態変更を迫られたりなどと、収入減に困っている知人の顔が具体的に頭に浮かぶ読者もいるだろう。その店や事業主の直接の収入になるよう消費する、というやり方がある。「被災地の商品を買って応援する」手法に近い。ただ私の場合「なじみの店」がないのが難点である。

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR

注目のテーマ