バイト解雇、オンライン就活、変わらぬ授業料…コロナで大学生SOS

西日本新聞 黒田 加那

 「アルバイトの収入がゼロになった」「授業料が重荷」-。新型コロナウイルスの感染拡大で生活が苦しくなった大学生から「あなたの特命取材班」にSOSが相次いでいる。大学によっては緊急支援金を出すケースはあるが、あくまで一時的なもの。緊急事態宣言の延長が決定的となる中、「このままでは学生生活が成り立たない」と、若者たちは苦悩を深めている。

 「バイトを突然解雇されました」。佐賀県出身で、大阪の私立大学に通う4年生の男子学生(21)の声は悲痛だった。

 実家からの仕送りを抑えようと、コールセンターのアルバイトで月に8万~10万円を稼ぎ、1人暮らしの家賃や食費などに充てていた。ところが4月に入ると会社は経費削減を理由にいきなり解雇通告してきた。

 緊急事態宣言下で新しいバイト先は簡単に見つからない。収入が減ったため、家賃は親に肩代わりしてもらうことになったが「長くは頼れないです」。

 既に始まった大学の授業はオンライン講義。そのために準備したWEB用カメラの購入費に大学の補助はない。「バイトが見つからないと6月から収入がゼロになる」。不安は収まらない。

 全国大学生活協同組合連合会の2019年調査によると、親元を離れた学生のアルバイト収入の平均は3万3600円。4年連続で上昇している。関西の大学などでつくる一般社団法人「大学スポーツコンソーシアムKANSAI」が4月、全国の大学生に実施したオンライン調査(有効回答約1400人)では、5割以上の学生が今後、「家族収入」が減少すると答え、自身のアルバイト収入も4分の3の学生が減るとの見通しを示した。また、6割の学生が経済的不安を感じていることも分かった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ