自宅で運動、健康維持を 北九州市認知症・介護センターが動画公開

西日本新聞 北九州版 米村 勇飛

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛で運動の機会が減る中、北九州市認知症支援・介護予防センター(小倉北区)はお年寄りに、動画投稿サイトユーチューブ」で公開中の自宅でできる運動の実践を呼び掛けている。

 センターは「きたきゅう体操」など、いすに座ったままでもでき、体に過度な負荷が掛からない運動の動画3本(約18~29分)を、感染拡大の前からユーチューブの公式チャンネルにアップロード。外出しなくても、日常生活に必要な筋力の維持などが図れることから、センターは「自宅でも適度に体を動かして、心身ともに健康を維持してほしい」と訴えている。 (米村勇飛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ