福岡県が7000人雇用創出 失業者や学生対象 事業費30億円

 福岡県は、新型コロナウイルスの影響で失業した人を支援するため、総額30億円程度の緊急短期雇用創出事業に乗り出す。アルバイトが難しくなった学生や外国人留学生も対象で、約7千人の雇用を確保する。就労期間は当面、今月から7月までの3カ月以内で、職種は介護施設での介護補助などを想定している。

 外出自粛や休業要請の余波で、飲食店など多業種の働き手の失業や、アルバイトができず学業を諦める学生の増加が懸念される。

 複数の県関係者によると、想定される職種は介護補助のほか、放課後児童クラブでの事務補助▽児童・生徒のオンライン学習支援▽医療機関の事務補助▽農林水産業の作業補助-など。

 事業費30億円のうち、県が20億円、市町村(政令市含む)が10億円を負担。既定の予算を流用し、6月議会に提案する一般会計補正予算案に関連費を計上する方向で調整している。 (大坪拓也、前田倫之)

福岡県の天気予報

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR