『かみさまのベビーシッター』廣嶋玲子 作、木村いこ 絵(理論社、1540円) 

西日本新聞 こども面

 ●「神様、お願い」のその先は?

 商店街の福引で幸介(こうすけ)が当てたのは「神様の卵(たまご)」。やがて誕生(たんじょう)を迎(むか)えると願いごとがかない放題かも?と、大喜びで、手間のかかる神様のお世話に明(あ)け暮(く)れる…。願いと現実(げんじつ)の間にある溝(みぞ)を埋(う)めるのに神頼(かみだの)みとはどんな意味があるのか。物語を楽しむうちに「天は自ら助(たす)くるものを助く」がしみいってくる。

★小学校中学年から

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ