水俣病被害者救済法37条

西日本新聞

 2009年に制定された水俣病被害者救済法37条は「政府は、不知火海沿岸に住んでいた人の健康に関する調査研究や、メチル水銀が人の健康に与える影響と高度な治療に関する調査研究を積極的かつ速やかに行い、その結果を公表する」と規定。県も協力するとした。これらの調査研究を実施するため、政府にはメチル水銀による健康影響の把握や効果的な疫学調査などの手法開発を求めた。

関連記事:国の水俣病健康調査、手つかず「時間稼ぎだ」患者団体に不信感

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ