【やさしい日本語】店(みせ)で 売(う)る バナナが 少(すく)なくなっている

(いま) 、スーパーに  () っても  バナナが  あまり  ありません。

(あたら) しい  コロナウイルスが  (ひろ) がって、バナナが  () っているからです。

日本(にっぽん) は、  フィリピンから  たくさん  バナナを  輸入(ゆにゅう) しています。

フィリピンでも、ウイルスが  (ひろ) がりました。

バナナを  (つく) る  (ひと) たちは、しばらく  仕事(しごと) が  できませんでした。

(いま) も、バナナを  (ふくろ) に  () れる  仕事(しごと) などが  (おく) れています。

ほかの  (くに) から  輸入(ゆにゅう) する  バナナも、(ふね) が  いつものように  使(つか) えないので、(すく) ないです。

バナナを  輸入(ゆにゅう) する  会社(かいしゃ) で  つくる  団体(だんたい) の  (ひと) は「5(がつ) も  バナナは  (すく) ないと  (おも) います」と  (はな) しました。

バナナが  (すく) ない  理由(りゆう) は、もう  (ひと) つ  あります。

(いま) は  学校(がっこう) が  (やす) みで、() どもたちは  (なが) い  (あいだ) (いえ) に  います。

バナナは  () べやすいので、() どものために  () う  (ひと) が  たくさん  います。

また、(いま) は  飛行機(ひこうき) が  () んでいません。ですから、  タイからの  マンゴーや  ドリアンなども  ほとんど  日本(にっぽん) に  () ていません。

果物(くだもの) を  輸入(ゆにゅう) する  会社(かいしゃ) の  社長(しゃちょう) は「こんなことが  () きるとは  (おも) いませんでした」と  (はな) しました。

 

(もと) の  記事(きじ) は  こちら

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR