東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まり…

 東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まり、1カ月が過ぎた。新型コロナウイルスの世界的流行によって、「延期がささやかれる」から「延期の公算大」「延期を協議」「延期」というニュースの流れの真ん中に、共に五輪取材準備を続けてきた記者と投げ込まれた。

 ところが、コロナ禍で、選手の写真取材はほとんどできなかった。せめて写真を撮れていたら、その表情やしぐさを通し、選手たちが事態をどれほど重大に受け止めたのかを伝えられたのに、と思うのだが…。

 他方、五輪延期合意の翌日、JOC山下泰裕会長の「協議内容は組織委の事務局から連絡が来る前に、テレビで知った」の言葉には正直驚いた。アスリートファーストって何だったの? モスクワ五輪ボイコットから何か少しは変わったの? レンズ越しに見る山下会長の丁寧な受け答えの中に、無念さがにじんだ気がした。 (伊東昌一郎)

PR

PR