福岡県がパチンコ店に休業指示 営業継続の6店舗に、特措法で

西日本新聞 社会面 井崎 圭

 福岡県は5日、新型コロナウイルス特措法45条に基づく休業要請に応じず営業を続けていた県内のパチンコ店計6店に対し、休業指示を出したと発表した。

 県は新型コロナの感染拡大を受け、4月14日からパチンコ店365店を含む遊技施設や劇場などを対象に休業を要請。県は同29日に要請に応じないパチンコ店6店の店名と住所を公表した。その後も6店は営業を続けているため、県職員が5日に各店を訪れて営業を確認した上で、休業指示を文書で伝えた。

 特措法に基づく民間施設の使用制限で最も強い措置だが、指示に従わなくても罰則はない。県新型コロナウイルス感染症対策本部によると、今のところ指示を受けて「休業に応じる」と回答した店舗はないという。(井崎圭)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ