中村知事「活動再開いいのでは」 長崎県、休業要請6日終了

 長崎県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、県内事業者に出していた休業要請について、遊興施設を除いて6日に終了し、飲食店の夜間営業自粛要請も同日までとすると発表した。県立学校は11日から段階的に再開させる。これを受け、一部の商業施設や公立学校で営業や授業を再開する動きが始まった。

 中村法道知事は記者会見で要請終了について、2週間以上県内での感染確認がなく「県民を主体とした経済活動は再開していいのではないか」と述べた。集団感染の恐れが指摘されるカラオケボックスやライブハウスなど遊興施設の休業要請は延長され、約2千施設が対象となる。

 10日まで休校の県立学校は、県本土で11日以降は教室内の人数を普段より減らすなどして再開し、25日から通常に戻す。離島は11日に通常通り再開させる。

 長崎市教育委員会は市立小中学校について、7、8日に分散登校させた上で11日から通常再開する。一方、佐世保市教委は、10日までの市立小中学校の休校を17日まで延長する。

 県発表を受け、臨時休業中の浜屋百貨店(長崎市)は7日から全館を営業再開。佐世保玉屋(佐世保市)は6日までの休業期間を延長し、14日をめどに政府が示す新たな見解に基づき再開を判断する。

 県美術館など県施設は25日から再開する。(岡部由佳里、宮崎省三)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR