「すきま時間」で軽い運動を 介護予防に犬の散歩、階段上り下り…

西日本新聞 総合面 後藤 潔貴

 すきま時間の軽い運動を続けるだけでも要介護化のリスクは低下する-。九州大(福岡市)と福岡工業大(同)が福岡県篠栗町で実施している健康調査で、こんな結果が明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大で自宅にこもりがちな高齢者の運動不足が懸念される中、まとまった運動ができなくても介護予防への効果が期待できるという。両大は、調査結果を米医学雑誌に発表した。

 両大が注目したのは、「中高強度身体活動(MVPA)」。息が軽く弾む程度かそれ以上の身体活動のことで、腕立て伏せやスクワット、犬の散歩、掃除機かけ、階段の昇降、子どもと遊ぶことなどが該当する。

 同町で実施している「篠栗元気もん調査」は、2011年に65歳以上だった住民1678人を対象にMVPAを活動量計で計測。男女とも1日当たりのMVPAの累積時間で4グループに分け、その後6年間で要支援・要介護に認定される人の割合を調べた。

 その結果、累積時間が長いグループほど要介護化リスクが低下することが判明。男女とも第1グループ(累積時間が男性10分未満、女性15分未満)を1とした場合、第4グループ(同男性30分以上、女性42分以上)は0.45と半減した。

 世界保健機関(WHO)は「健康増進のためにMVPAは1回当たり10分以上継続すること」を推奨しているが、今回の結果で10分未満のMVPAを積み重ねることでも効果が期待できることが分かったという。

 福工大の楢崎兼司教授(運動疫学)は「高齢者にとって10分間以上の運動は心理的、肉体的にハードルが高かったが、短時間でも積み重ねで効果が期待できる。取り組む人が少しでも増えてくれれば」と話す。町地域包括支援センターの宮近愛未保健師は「コロナ対策で介護予防教室などが開けない分、家でできることをできる範囲で取り組んで、介護予防につなげてほしい」と呼び掛けている。

(後藤潔貴)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ